お問い合わせ アイコン三角 アイコン三角

サポートに費用は一切いただいておりません。 お気軽にお問合せください。 大阪本社 TEL:06-6773-5306 東京オフィス TEL:03-6228-7334 お問い合わせはこちら
2018.02.17

組み立て観覧席ステージの多彩な使いみち

組み立てステージ素材に最適!アルミの信頼性と魅力

ステージといえば、平面のものが一般的です。一方で、弊社で提供している観覧席ステージは、お客さまのアイデアやご希望しだいで多彩な使いみちができます。数々の納入事例の中では、興味深い例もありました。こちらでは、組み立て観覧席ステージのさまざまな使いみちについてお話します。ご自身が展開しているイベントにマッチするステージをお探しの方、平面ステージとは違った使い勝手のステージを探している方はぜひ参考にしてください。

入学式、卒業式……学校の式典にはベストマッチ

入学式、卒業式など学校で行われる式典の主役は、他ならぬ生徒さんです。式典では、多くの生徒さんが同時に壇上にのりますが、一人ひとりの顔が確認できなくなってしまうのは望ましいことではありません。段差がないステージで顔を確認できるようにするためには、前の列の生徒さんに座っていただくなど工夫が必要です。

観覧席ステージであれば段差ごとに整列していただくだけで、生徒さんの顔をはっきりと見せることができます。生徒さんの保護者の方からも好評をいただいているようです。ステージ規模も数種類用意していますので、クラスの人数に応じて選ぶことが可能です。生徒さんの晴れの日をより素敵に演出するため、観覧席ステージを活用してはいかがでしょうか。

合唱、吹奏楽のステージは観覧席ステージで本格的に

合唱、吹奏楽では参加者を階段状のステージに配置するのが一般的です。平坦なステージに配置しても問題ありませんが、参加者自体が障害物になってしまうため声や音のとおりは悪くなります。また、後ろの参加者にとっては、指揮者の視認性低下につながり、最悪の場合はパフォーマンスの質が落ちてしまうことも考えられます。

後ろの参加者を台にのせても問題ありませんが、弊社の観覧席ステージを用いれば簡単に合唱・吹奏楽用のステージができあがります。構造自体は本格的ですが、軽い素材を使用しているため運搬は簡単です。組み立ても容易であり、少人数の参加者や学校関係者で設営できます。それぞれの段が十分に高低差をつけて作られているため、後ろの段にいる方でも十分に指揮者の方を視認できるはずです。

十分な安全試験を実施して耐久性を確認しており、多数の参加者や楽器が乗っても問題ありません。一つひとつの段が広いタイプも用意していますので、ティンパニ、マリンバ、シロフォンなど、大き目な楽器をのせるステージとしても使用していただけます。

客席として使用しイベントの視認性を高める

客席として使用しイベントの視認性を高める

バンド演奏、ダンスパフォーマンス、演劇など、ステージにはそのイベントにおける演者や主役が登壇するのが一般的です。一方で、弊社で提供している観覧席ステージは、その名のとおり観覧席としても使用でき、さまざまな規模のイベントに対応可能です。

演者を客席から見上げる一般的なステージのスタイルも魅力的ですが、客席として観覧席ステージを使用すれば後ろの席の方でも視認性が高まります。学校の運動会や、サッカー・野球の試合など、さまざまなイベントへの納入実績があります。また、水族館、コンサートホールなど、大規模なイベント施設でご購入いただいた例も少なくありません。

通常のベンチでは難しかった後方の視認性向上が実現され、ご好評いただいております。多くの来客が見込まれる観覧タイプのイベントを運営している方にはとりわけおすすめです。イベントスペースの四方を観覧席で囲むことで、小さなスタジアムを実現することも可能です。

展示会でも活躍!商品ディスプレイ用に

観客席ステージは、お客さまの希望や発想しだいで自由に使えるのが大きな魅力です。多くの納入実績の中には、人が乗らずに商品や展示物をのせる台としてご使用いただいた例もあります。展示会タイプのイベントでは、こうした使い方が多いようです。

弊社の観覧席ステージはカスタマイズ性が高く、ユニットごとに分解し、単独で使用できます。専用の什器を用意するよりも、汎用的に使用できるでしょう。安全性試験を繰り返し実施し、強度を確認した状態で納入している弊社のステージであれば、重量のある展示物をのせても問題はありません。

***

いかがでしょうか。観覧席ステージの多彩な使いみちを知っていただけたはずです。

観覧席ステージは、平面のステージ以上に用途の広がりがある、魅力的な商品です。今回ご紹介した以外にも、さまざまな実用例があります。もちろん、ご購入いただいたお客さま自身で新たな使い方を創出していただいても問題ありません。観客用、演者用とひとつのステージをイベントに応じて使い分けてもいいでしょう。観覧席ステージを導入することで、開催できるイベントの幅が広がるかもしれません。自治体、学校、サークルなどイベントを運営している方は、観覧席ステージの購入をご検討ください。

ステージのいろは トップへ