お問い合わせ アイコン三角 アイコン三角

サポートに費用は一切いただいておりません。 お気軽にお問合せください。 大阪本社 TEL:06-6773-5306 東京オフィス TEL:03-6228-7334 お問い合わせはこちら
2018.04.02

エンターテインメントのステージ演出を強化! 舞台効果一覧

エンターテインメントのステージ演出を強化! 舞台効果一覧

演劇・ミュージカル、ライブコンサートなどエンターテインメント系のイベントでは、機材を使用した「舞台効果」が欠かせません。要所で用いれば、個人が行うイベントでもインパクトのある演出が可能となります。こちらでは、舞台効果の定義や代表的な舞台効果の例をご紹介します。

舞台効果とは

舞台効果とは、視覚・聴覚の演出を行うことで舞台表現による効果をサポートする手法です。「ステージエフェクト」と呼ばれることもあります。考え方自体は古くから存在しており、日本では歌舞伎でも同質の取り組みが行われていました。

広義では「舞台表現のサポート」という意味ですが、現在では「日常や自然で起きる事象を照明や音響で再現する試み」「喜び、不安、悲しみ、驚きといった感情を舞台上で表現する試み」「単純なライティングの一種」といった意味で舞台効果という言葉が使われています。かつては、雪を再現するために粉砕した発泡スチロールが使われたり、特定の音を再現するために楽器の生演奏が行われたりと、アナログな手法が採用されていました。現在は、それぞれの表現に対して、専用の機器が開発されています。

舞台効果の代表例

エンターテインメントのステージ演出を強化! 舞台効果一覧

舞台効果による演出は、演劇・ミュージカル、音楽のコンサートの分野では当たり前のように行われています。代表的な舞台効果と必要となる機材について以下にご紹介しましょう。

スモーク

スモークは、極めて一般的な舞台効果のひとつです。専用のオイルを配合した液体を噴出させることにより、白煙を再現します。あるいは、レーザーなど照明の効果を際立たせるために用いられることもあります。スモークを出すために用いられるのは、専用の「スモークマシン」という機材です。細かく分類すると「フォグマシン」「ヘイズマシン」といった種類があり、それぞれ噴出できるスモークの質や濃度が異なります。

バブル

大量のシャボン玉を舞い上がらせる舞台効果も頻繁に用いられます。ファンタジックで非日常的な雰囲気を演出したい際には最適です。使われるのはシャボン玉を生成する穴が複数設けられた「シャボン玉発生機」というマシンです。シャボン玉の原液には、人体に配慮した液体が用いられます。

演劇・ミュージカル、ライブコンサートなどでは、演出の一環として人工的な雪を降らせることがあります。実際に雪の舞台効果で用いられるのは、専用の「スノーマシン」で噴出する極めて微細な泡です。自然に空中を雪が舞っている様子を再現するため、スノーマシンはある程度高い位置に設置されます。また、広範囲に泡を行き渡らせるために送風機を併用するのも一般的です。泡の原液として使用される液体は乾きやすく、演出後の掃除が容易です。

疑似炎

炎を疑似的に再現したい場合は、シルク布に赤い光を照射して噴き上げる専用の機材が使われます。また、スモークマシンを同時に使用し、煙も含めたリアルな燃焼演出を行うのも一般的です。屋内で炎を再現する場合に広く用いられる手法ですが、火器の使用が認められている場所では本物の炎が使われることもあります。

細かく光を点滅させる「ストロボ」を使用し、自然界の雷を演出することもあります。光のタイミングには通常、雷の音がシンクロして再生されます。通常の照明を点滅させて再現することもできますが、強力な光でインパクトを残したい場合はストロボが必要です。

紙吹雪

紙吹雪は、細かい紙片やフィルムを散布する、現在の舞台効果の中では比較的シンプルな手法です。かつては雪の代表的な表現手法でしたが、スノーマシンにより再現度の高い雪の演出が可能となった現在では、雪とは違う派手な演出として多用されています。

強力なパワーを有する送風機で紙片を舞い上がらせるのが最も一般的でコストがかからない方法ですが、より派手な演出を狙いたい場合は、キャノン砲で大量の紙片を空中に打ち上がるのも効果的です。この場合は、インパクトがある効果音をシンクロさせることもあります。

花火

大規模なコンサート系のイベントでは、地面に設置した機材から上方に噴き上げ花火の演出が行われることもあります。機材の設置数や噴き上げの高さは、イベントの規模感によって変わります。機材の操作には専門資格を要するほか、多くの会場では消防への届け出が必要です。

***

上述したような舞台効果の機材は基本的にプロユースであり、購入には大きなコストがかかります。また、操作も未経験の方にとっては複雑です。舞台効果を取り入れたい場合は、機材のレンタル・操作を専用の業者に依頼するのが一般的です。

しかしステージは購入すればイベントごとに使い回しが可能なのでイベントを複数回行うのであればコスト減に繋がります。パックス工業のアルミステージであれば簡単に設置ができますので専用の業者を雇う必要もありません。こういった削減したコストは演出に充ててより豪華なイベントを組むことが一般的です。

組み立てステージを使用し、舞台効果を取り入れれば、本格的な演劇・ミュージカルイベントを実施可能です。また、その他のエンターテインメント系イベントでも、舞台効果は演出の強化に役立ちます。ご自身でエンターテインメント系のイベントを開催している方は、舞台効果を活用して演出を強化してください。

ステージのいろは トップへ