安全への取組み

  • HOME »
  • 安全への取組み

パックス工業の安心・安全への取組み

お客様にお使いいただく製品は、やはり安心・安全が第一と考えています。
そのためアルミ製ステージ単体製品は2010年10月に一般財団法人日本建築総合試験所による荷重試験を受けています。
さらに単体製品のみならずセット製品の耐荷重試験も2014年12月〜2015年2月にかけ同試験所による荷重試験を受けています。

荷重試験の内容

耐荷重試験

1枚の天板サイズ900×600㎜タイプ

ステージ脚部と天板に対して、試験結果 鉛直方向最大荷重は最小値19.6kN 最大値21.9kN

1枚の天板サイズ900×900㎜タイプ

ステージ脚部と天板に対して、試験結果 鉛直方向最大荷重は最小値23.2kN 最大値30.7kN

1ユニット(枠+天板)950×900×900㎜タイプ

ステージ脚部と天板に対して、試験結果 水平荷重試験は最小2.47kN 最大4.14kN

セット製品(幅4550×奥行2700×高さH900㎜場合)

ステージセット製品に対して、試験結果 水平荷重試験最大荷重は21.7kN


第三者機関:(一財)日本建築総合試験所 http://www.gbrc.or.jp

その他、安心のための配慮として「仕上げ」にもこだわり、「認定マークの取得」などを行っています。

天板の両端部は「バフ研磨」加工仕上げ

img_safety_06手触りが優しい天板・段板は、ミクロレベルで磨く「バフ研磨」加工仕上げです。「バフ研磨」加工とは、磨いて角を取り、ツヤをだす加工です。バリ、面取りが必要な個所(段板・天板等の切断面積の大きい箇所)は削る加工(ヤスリ垳)が一般的です。当社では、お客様の安全を第一と考え、製品全ての段板・天板に「バフ研磨」加工を施しています。フエルトや柔らかい布、ポリッシングパッド、フラップバフなどの布製の研磨製品を使って磨きこむ手間のかかる工程を行なっております。ミクロレベルで磨かれた鏡面状のその製品は、手触りが優しく安全にお取扱いいただけるこだわりの製品です。

JEMA安全基準適合認定マークの取得

img_safety_07JEMA安全基準適合品JEMA安全基準適合認定制度とは…
一般社団法人日本教材備品協会<JEMA>が学校における児童・生徒への科学物質放散による健康被害から守るために、 教材・教具から放散する科学物質発生量(学校環境衛生の基準対象6物質)の安全可否を、環境省基準よりハードル上げた「JEMA安全基準」を定め、 厳格な審査でこの値をクリアーした商品に対し「安全認定マーク」(商標登録第5021810号)の表記が許諾されます。


一般社団法人日本教材備品協会<JEMA>  http://www.jema.or.jp

生産物賠償責任保険加入

全ての商品が、PL保険制度に沿った生産物責任保険加入商品です
※製品・商品に起因する対人・対物事故による賠償責任を補償する保険です

安心の日本製

品質を第一に考え日本国内で製造しております。
製品は昭和電工グループの築港工場・紀の川工場で生産されております。


昭和電工アルミ販売株式会社  http://www.sdat.co.jp/

PAGETOP